header

gatag-00010573

今週は後半から晴れが続いていて、気持ちがいいですね〜^^ガリシアの近くではセミがまた鳴き始めています♪ ただ着実に冬へ近づき、気温も下がってきていますのでくれぐれも無理はしないようにしましょう!

そして今月はヘッドかっさキャンペーン(5分×2回で¥540!!!!)が本当に大人気です★ 「何をしても痩せない」「キャビテーションの効果をもっと出したい」という方、ぜひ一度お試し下さい。とくに現代は9割の人が自律神経の乱れに悩んでいますので、多くの人が“痩せにくい体”になっています。

また「自律神経の乱れ」という言葉。よく見かけると思いますが、実際「何が乱れの兆候なのか? 」知らない人のほうが多い気がします。そこで、今回は自分の自律神経の状態を把握するためのチェック方法をご紹介します。

自律神経が乱れている兆候とは?

クリニックや医師が運営するサイトでもよく見かけますが、現場を見ているエステティシャンとして抑えておいてもらいたい項目を3つ挙げてみました。

(1)汗をかきやすいのに、冷えやすい

自律神経は体温調整とも関わっています。環境に応じた体温調整がしづらい人は自律神経の乱れている可能性が。もちろん冷えやすいといった症状も自律神経の乱れによるものがありますので、ご注意ください。

(2)目が乾きやすい(ドライアイ)

とくに副交感神経の機能が低下すると、涙が出にくくなりこの症状が出ます。また、「光が眩しく感じやすい」のも注意が必要です。自律神経は『瞳孔の調整』とも関わっているからです。

(3)便秘⇄下痢が交互にくる

腸の蠕動運動も、自律神経が支配しています。ストレスなどによって、副交感神経の働きが低下すると、蠕動運動も不活発になり便秘に。また同じストレスでも、その反応が真逆に出ることがあります。その場合は、蠕動運動が盛んになり過ぎ、下痢を引き起こすことになるのです。

 

意外!!? ”息切れ”しやすい人は危険かも…

ちなみに、私は息切れしやすいです…年のせい?運動不足だから?と勝手に思い込んでいましたが、自律神経は乱れている自覚はあったので、納得しました。

息切れにはいくつか原因がありますが、自律神経による息切れは、

1:呼吸筋の緊張により肺を包む胸郭が膨らみづらくなる

2:胃の上部が緊張して持ち上げる>>胃の真上にある横隔膜が押し上げられる。(横隔膜は下がることで、息を吸うことができます)

といった、筋肉の緊張を伴い、結果呼吸しづらくなっています。なので、息切れだけでなく「何となく息苦しいな〜」といった症状がある方も注意してみてください。またその対策としては、

・肩を下げて呼吸してみる

・猫背など姿勢に気を付ける

がオススメ。そして、やっぱり頭もみもオススメです^^

また、現代人はどちらかというと【交感神経が優位】になっている方が多いです。簡単にいうと、【いつも緊張している状態】といった感じに・・・これでは、疲れてしまうのも仕方ないですよね。

アナタは、自律神経の乱れのサインでていませんか?

footer【2017年*最新空き状況*】 ▶ご予約・空き状況はこちらをクリック

TEL:0359279200

【当店に来て頂いている読モさん】
三戸なつめさま・わたなべ麻衣さま・高山直子さま・田中里奈さま・武智志穂さま・前林由佳子さま・猪鼻ちひろさま・荒井愛花さま・中田絵里奈さま・るうこさま・ゆらさま・辻千枝さま・磯部奈央さま・藤井明子さま・玉村麻衣子さま・高木沙織さま・金子由布子さま・夏目志乃さま