( ! ) Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220640{main}( ).../index.php:0
20.0002223424require( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
31.500573684376require_once( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
41.505173774000include( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/themes/biz-vektor/single.php' ).../template-loader.php:77
51.770174959816the_content( ).../single.php:18
61.770374963648apply_filters( ).../post-template.php:247
71.770374964040WP_Hook->apply_filters( ).../plugin.php:208
81.772974970712call_user_func_array:{/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/class-wp-hook.php:286} ( ).../class-wp-hook.php:286
91.772974971048bottom_of_every_post( ).../class-wp-hook.php:286
101.773074972032fread ( ).../bottom_of_every_post.php:32
header

*——————————————————–*   
アナタはどの脳タイプ?   
*——————————————————–*

■五反田に当店だけ『メスを使わない脂肪吸引』で夢の部分痩せ☆■

前編の続きです。

■感情型
女性の中では一番多いのがこのタイプ。ストレスを発散するために、気分が落ち込んでいるときに食べてしまいます。このタイプはエネルギーがなく、罪悪感、無力感、無価値観に襲われ、ネガティブで自信がない人が多いです。PFCの活動が衝動型のように弱いので、食事に関して誤った決断をしてしまいがちです。

感情型の人は、高タンパク、高炭水化物の食事は避け、魚や新鮮な野菜とフルーツを摂りましょう。なかなか運動をしたいと思えないかもしれませんが、運動は抗うつ剤よりも脳の活動を改善するのに効果的です。ひとりでする運動よりは、ダンスなどの人とのかかわりがある運動が良いでしょう。

そして睡眠をたくさんとり家族や友達とのコミュニケーションをとりましょう。人とのつながりがこのタイプの人にはとても重要です。

■不安型
不安や恐怖を食べ物で発散してしまうタイプ。パニック、恐怖、自己喪失に悩まされることもあり、最悪の状態をいつも予想してしまう傾向があります。

脳スキャンによると、脳幹神経節の活動が活発になっていたそうです。そのため不安な考えが、行動や気分にも影響してしまいます。大きな不安があると、気持ちを落ち着ける効果がある糖分、高炭水化物の食べすぎにつながります。

このタイプの人にはマクロビオティックのような玄米や野菜を多く含む食事が良いでしょう。適しているのはヨガや太極拳などです。リラックスして瞑想し、横隔膜で腹式呼吸をするのが効果的です。

脳のタイプでダイエット方法を変えるということでしたが、脳スキャンで信憑性もあり
是非1度は取り入れてみたいものです。

まずは自分のタイプを把握して、ベストな食生活、エクササイズを生活に取り入れてみては如何でしょうか(^-^)/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

痩せる方法をもっと知りたい人へ
■mail garicia2010@gmail.com
■只今お電話が非常につながりにくいため、ご予約はメールにて受け付けております☆

只今スタッフ募集中!!

《初回限定!!まるまる60分×2回キャビテーションモニターが¥17,000 大好評中!!》

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

footer