header

*——————————————————–*   
 性格によって
 ダイエット方法が違うわけ   
*——————————————————–*

■五反田に当店だけ『メスを使わない脂肪吸引』で夢の部分痩せ☆■

さまざまなダイエットを試しても、いつも続かなくてすぐ挫折してしまう方。
本当にそのやり方はアナタにあっているのでしょうか?

いまアメリカで話題となっているダイエット法は
タイプ別に分かれているそうです。

その研究では、脳のタイプを
強迫観念型、衝動型、感情型、不安型の4つに分けています↓

■強迫観念型
このタイプの人は食べ物のことが頭から離れなくなり、食べることに関しての強迫観念をコントロールできなくなってしまう傾向にあります。そのため夜中に起きて何かを食べたり、また、眠りにつきにくいこともあるでしょう。

強迫観念型の人は脳のACGと呼ばれる部分が活動的すぎるそうです。ACGは注意を別のところに向け、変化を受け入れる働きをしますが、ここが活発すぎるとネガティブな考えや行動から抜け出せなくなってしまいます。これはセロトニンの低下が原因だと考えられています。

強迫観念型の人に効果的なのは、炭水化物を多く含む食事。反対にたんぱく質を多く食事はこのタイプの方には向きません。運動はエアロビクスを取り入れるのがベスト。強迫型の人は変化が苦手なため、好きなエクササイズが見つかったらそれを続けましょう。5分くらいの運動で十分だそうです。

■衝動型
強迫観念型の人のように食べ物のことについてずっと考えるわけではないにしても、このタイプの人は食べ物を見ると食べずにはいられなくなってしまいます。

脳スキャンでは、PFCの活動が少なかったそうです。PFCは脳のブレーキのように働き、判断力、計画性をつかさどるところです。うまく働けば食欲をコントロールできますが、そうでないと集中力が続かない、判断力に欠ける、衝動的といった問題が出ます。ドーパミンの低下がPFCの活動を弱めると考えられています。

そんな衝動型の人におすすめなのは、タンパク質が豊富な食生活です。好きな運動をすることで血液の流れを活発化し、ドーパミンを増やすことができます。強迫観念型の人とは違って、衝動型の人は30分以上のエアロビが必要です。

他にはヨガも効果的。瞑想をすることで集中力が高まりPFCを強化させます。そしてよりよい決断ができるようになり衝動的になりすぎるのを防ぎます。

後編では残りの2つをご紹介します☆

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

痩せる方法をもっと知りたい人へ
■mail garicia2010@gmail.com
■只今お電話が非常につながりにくいため、ご予約はメールにて受け付けております☆

只今スタッフ募集中!!

《初回限定!!まるまる60分×2回キャビテーションモニターが¥17,000 大好評中!!》

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

footer【2017年*最新空き状況*】 ▶ご予約・空き状況はこちらをクリック

TEL:0359279200

【当店に来て頂いている読モさん】
三戸なつめさま・わたなべ麻衣さま・高山直子さま・田中里奈さま・武智志穂さま・前林由佳子さま・猪鼻ちひろさま・荒井愛花さま・中田絵里奈さま・るうこさま・ゆらさま・辻千枝さま・磯部奈央さま・藤井明子さま・玉村麻衣子さま・高木沙織さま・金子由布子さま・夏目志乃さま