header

☆パワースポットで働く女社長の毎日~☆-mobiletop.jpg
 
今日は真面目にいきます☆パワースポットで働く女社長の毎日~☆-o0020002011031817693.gif
 
 
 
 
ストレスが肌によくない、
 
 ということをご存知の方は多いでしょう。
 
 
 では、なぜ肌によくないのでしょうか?
 
 
 こちらはご存知でない方も
 いらっしゃるのでは
 ないでしょうか
 
 
 答えは
 
 ヒトがストレスを感じた時の
 体の反応にあります。
 
 
 ヒトはストレスを感じると、
 自律神経の闘争・逃走反応が
 働きます。
 
 
 何か危険やストレスを
 感じたとき、
 
 ギュッと血圧を上げて、
 呼吸数も上げ、
 筋肉への血流を増やし、
 
 
 戦うか、逃げるのか!
 
 
 そのどちらかに適した状態を
 体の中に作りあげます。
 
 
 闘争・逃走に体が備えるのです
 
 
 そのときに、
 血管がギュッと萎縮するのです
 
 
 血管が萎縮すると、
 
 
 特に、
 真皮にある毛細血管などに
 血流がうまく回らなくなり、
 
 栄養素が届かなくなります
 
 肌が荒れてしまったり、
 免疫力が下がったり…
 
 ストレスが肌に悪影響を
 与える理由は
 特に血管萎縮にあるのです。
 
 昨日お話したとおり、
 悪いニュースすらストレスの
 もと となります。
 
 
 ストレスを避けるのは
 不可能に近い。
 
 
 それならば、
 
 如何にストレスを解消するか
 がポイントとなりますね。
 
 
 
 おすすめの解消法は
 カンタンです。
 
 
 コチラ↓
 
 『腹式呼吸』で
 吸う:吐く=1:3
 
 
 ・吸う → 交感神経
 ・吐く → 副交感神経
     (リラックス)
 
 
 つまりは、深呼吸です。
 
 
 腹式で、息を吸って、止めて、
 息を吐く時間を
長くするのがポイント☆
 
 
 ちょっとした仕事の合間などに
 この呼吸を短くてもいいので行うことで、
 
 
 ・頭(意識)-ストレスを感じている状態
 
 
 ではありますが
 
 
 ・体-リラックスして落ち着いた状態
 
 
 になるそう。
 体のつくりは不思議ですね☆パワースポットで働く女社長の毎日~☆-o0020002010843423727.gif
 
 
 『腹式呼吸法でストレス解消』
 ぜひお試しください☆
 
 
 
 
footer