header

lgf01a201401151300

ストレスには爪もみ!!と年季の入った知恵を実践している清崎です。ここ最近気づいたのですが、意外と“偏頭痛”をお持ちの方が多い気がします。当店は痩身サロンですが、皆さんの健康ももちろん願っています。そして実は、頭痛の時にやりがちな“アレ”がダイエットの邪魔をしているんです!

そこで、今回は頭痛が引き怒る原因とオススメのケアについて見ていきたいと思います。

頭痛の主なパターンはこの2つ

まずはいわゆる「偏頭痛」の原因を見ていきましょう。

①『片頭痛』

(原因)血管の拡がり(により、三叉神経を刺激して痛む)・・・誘因要素として「気圧の変化」「ストレス」「女性ホルモン」「光などの強い刺激」「寝不足」などがあります。

②『緊張型頭痛』

(原因)頭の筋肉の収縮・・・首肩の筋肉の緊張で血流が悪くなり、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きるとされています。

頭痛に鎮痛剤は最適?

①が原因の場合、血管の広がりを抑えて痛みを取るため、鎮痛剤を飲むことがあると思います。しかし、鎮痛剤で血管が収縮することでー時的に体が冷えてしまうことも忘れてはいけません。また、薬で一時的に抑えていても”根本改善”しなければずっと頭痛には悩まされることに…

また②の原因の筋肉の緊張は、“冷えると余計ひどく”なります。いろいろなデメリットを考えると、鎮痛剤をすぐ使用するのはあまりおススメしません。

薬を飲まず痛みを最小限に抑える方法

とはいっても、痛みを耐えるのは辛いことです。そんな時はまず以下の方法を試して見ては如何でしょうか?

□寝不足、寝過ぎ、疲労、空腹など体のストレスを避けるよう心がける

□チョコレート、チーズ、ハム、ヨーグルト、赤ワインなど片頭痛を誘発するといわれる食品を控える

□痛い部位だけ冷やす

□カフェインを摂取する※ただし、連日の過剰摂取は逆に頭痛を誘発するので注意が必要

□当店のキャビテーションを受ける

とくに②の場合の「筋肉内の老廃物」の排出を促進することができる当店のキャビテーション×ラジオ波がその効果を発揮しやすい分野なんです。マシン製造者も、痩身マシンなのにも関わらず「このマシン(スリーマックス)は、肩こりに本当効くんです!」と言っていました。

二の腕を細くしながらも、肩こり首コリ頭痛の改善も期待できます。現在当店のお客様のなかでも、「肩こりと二の腕で!」とご希望されている方結構多いですよ^^血行促進や筋肉内の老廃物を出すことで、辛い頭痛が軽くなる可能性が高まります。

また、老廃物が減ればおのずと、見た目が細く美しくなります。ぜひ、鎮痛剤を飲む前に根本改善してみませんか?^^

footer【2017年*最新空き状況*】 ▶ご予約・空き状況はこちらをクリック

TEL:0359279200

【当店に来て頂いている読モさん】
三戸なつめさま・わたなべ麻衣さま・高山直子さま・田中里奈さま・武智志穂さま・前林由佳子さま・猪鼻ちひろさま・荒井愛花さま・中田絵里奈さま・るうこさま・ゆらさま・辻千枝さま・磯部奈央さま・藤井明子さま・玉村麻衣子さま・高木沙織さま・金子由布子さま・夏目志乃さま