( ! ) Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220576{main}( ).../index.php:0
20.0002223360require( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
33.284073689992require_once( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
43.288773779552include( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/themes/biz-vektor/single.php' ).../template-loader.php:77
53.548275010592the_content( ).../single.php:18
63.548475013432apply_filters( ).../post-template.php:247
73.548575013824WP_Hook->apply_filters( ).../plugin.php:208
83.550975020744call_user_func_array:{/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/class-wp-hook.php:286} ( ).../class-wp-hook.php:286
93.550975021080bottom_of_every_post( ).../class-wp-hook.php:286
103.551075022064fread ( ).../bottom_of_every_post.php:32
header

o07240483e1352982415325_1
ここ2週間くらい、食欲が止まらないガリシア清崎です。「寒くなると体に脂肪を溜め込みたくなる」そんな動物の本能に正直な体なんだと思います。でも、このまま食欲が止まらないのは本当困ります。

ということで、せめて夜は食欲を抑えるべく体の仕組みを利用した食欲コントロール方法についご紹介します。

暗闇ではお腹が空かなくなる

実は暗くなると、食欲抑制ホルモン『レプチン』の分泌量が増えます。なので、常に夜は明かりを暗めにしてみましょう。これだけなら、簡単過ぎるのですぐ実践できると思います。

睡眠の差3時間で痩せやすくなる

スタンフォード大の研究で、5時間睡眠と8時間睡眠とで比べた時、睡眠時間が長い方がレプチンの量が15%ほど多く分泌されたことがわかっています。

豆腐・納豆はやっぱり救世主

日本の研究でも、たんぱく質の摂取が少ないとレプチンの分泌量も少なくなるということがわかっています。たんぱく質の中でも「低脂肪高タンパク質」がオススメです。また、レプチンを生成するのには亜鉛が必要なので、。「低脂肪高タンパク質」×「亜鉛」が含まれている食品の「大豆・納豆」なんて理想的です。

 

最後に・・・

食欲を抑えてくれるレプチンに、さらなる嬉しい効果があります。それは、

footer