( ! ) Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220584{main}( ).../index.php:0
20.0002223368require( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.667773211832require_once( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
40.671973301408include( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/themes/biz-vektor/single.php' ).../template-loader.php:77
50.927674503616the_content( ).../single.php:18
60.927874506784apply_filters( ).../post-template.php:247
70.927874507176WP_Hook->apply_filters( ).../plugin.php:208
80.930374513072call_user_func_array:{/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/class-wp-hook.php:286} ( ).../class-wp-hook.php:286
90.930374513408bottom_of_every_post( ).../class-wp-hook.php:286
100.930374514392fread ( ).../bottom_of_every_post.php:32
header

■五反田に当店だけ『メスを使わない脂肪吸引』で夢の部分痩せ☆■

*——————————————————–*
   おなじみマイクロダイエット社の
   お厳しい結果発表・・・
*——————————————————–*

夜食など不規則な時間に食事を取ると
肝臓の「時計遺伝子」のリズムが乱れるようです。

今回の研究で『食事のタイミングのずれ』が
代謝異常を引き起こすメカニズムが分かっようです。

夜遅くの食事や
朝食べない生活をしていると

BMAL1の働きが乱れます

BMAL1?

BMAL1とは、DNAに結合し、
体内時計が正常に働くよう調節するタンパク質

そしてBMAL1には
脂肪細胞に脂肪をため込む働き
もあります。
$メスを使わない脂肪吸引をお得に受ける方法

1日のうち午後3時がピークになり、
深夜に向かって高まります。
(午後3時のおやつがいいのは、
このBMAL1がほとんど働いていない
時間帯なんだからなんですね)

◆体内時計を正常に機能させるポイント

1、朝食をとる(朝食をとると時計遺伝子がリセットされ、適切に働くようになります)

2、夕食はできるだけ早めに(BMAL1の働きが高まる午後10時(できれば午後8時)までには済ませる,もしくはどうしても遅くなる場合は、2回に分ける)

3、夜遅くに強い光を浴びない

まずは、今日から夕飯を2回に
分けてみてはいかがでしょうか?^^

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
痩せる方法をもっと知りたい人へ

■tel 0364318921 
■mail garicia2010@gmail.com

《初回限定!!まるまる60分×2回キャビテーションモニターが¥17,000 大好評中!!》

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

footer