header

AI_IMG_7772500

痩身の後押しをしてくれるヘッドかっさ。最近たくさんの方の頭を触っていてよく感じるのですが・・・「眼精疲労」の方が多過ぎです!!

眼精疲労が重くなると、頭のてっぺんなどがぎゅっと盛り上がってきます。

実は怖い眼精疲労

日本眼科医会によると、目と脳をつなぐ視神経はおよそ100万本もあるのだそうです。そのため、目の不調が脳の不調にもつながりやすくなります。目がお疲れの人はとくに【後頭部】と【耳の真上】そして【頭頂部】をほぐすことをオススメします。

目の疲れと骨盤との関係

以前のブログ記事『目を酷使すると下半身デブになる』とご紹介したのを覚えていますか? 目を開けているだけで、自律神経が関わり、背骨を介して骨盤の開閉も左右しています。そして、目の疲れは骨盤を緊張させる(zoffより)と言われています。

目の疲れが、脳に影響を与え、脊椎を通じて自律神経に及び、骨盤自体の機能不全だけでなく全身の体内循環の低下も引き起こすことがあります。また、老廃物の排出が停滞することで下半身のむくみやセルライト、肥満などさまざまな症状を及ぼしてしまいます…

生きているだけで、脳の血管にはものすごい負担が・・・

実は血圧は、心臓周辺90mHgくらい、頭はおよそ130mHg(立っている状態。座っている状態では110mHgくらい)と言われています。圧を繰り出している心臓部よりも脳血管のほうが強く負担がかかり続けているなんて驚きですね。

ちなみに日本人の死亡原因第3位は『脳卒中』です。なので脳への負担を少しでも軽減するためにも横になって休む時間かいかに大切かがわかります。また、睡眠時間が短い人は、横になるだけでも脳への負担が減りますし、目も閉じると視界による80%もの情報がシャットダウンされ脳がリラックスできます。

lgf01a201404041200

眼精疲労は現代人には避けにくいものですよね。しかし、目は一生死ぬまで使う大切な臓器です。頭痛などの症状が出ている人はもちろん、頭皮が硬い人も、今すぐ目を大切にしてあげましょう。

また、眼精疲労を軽減しながらもやっぱり頭もみはしたほうが良いです。自分でクセにしてもいいですし、人にマッサージしてもらうとよりリラックスできてほぐれやすくなりますよ。

footer【2017年*最新空き状況*】 ▶ご予約・空き状況はこちらをクリック

TEL:0359279200

【当店に来て頂いている読モさん】
三戸なつめさま・わたなべ麻衣さま・高山直子さま・田中里奈さま・武智志穂さま・前林由佳子さま・猪鼻ちひろさま・荒井愛花さま・中田絵里奈さま・るうこさま・ゆらさま・辻千枝さま・磯部奈央さま・藤井明子さま・玉村麻衣子さま・高木沙織さま・金子由布子さま・夏目志乃さま