( ! ) Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220568{main}( ).../index.php:0
20.0002223352require( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
31.530973634976require_once( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
41.534973724536include( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/themes/biz-vektor/single.php' ).../template-loader.php:77
51.809574929304the_content( ).../single.php:18
61.809774933432apply_filters( ).../post-template.php:247
71.809774933824WP_Hook->apply_filters( ).../plugin.php:208
81.812674940696call_user_func_array:{/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/class-wp-hook.php:286} ( ).../class-wp-hook.php:286
91.812674941032bottom_of_every_post( ).../class-wp-hook.php:286
101.812674942016fread ( ).../bottom_of_every_post.php:32
header

*——————————————————–*   
    その名も「シュガーブルース」
    砂糖は麻薬みたいなもの。
*——————————————————–*

■五反田に当店だけ『メスを使わない脂肪吸引』で夢の部分痩せ☆■

$メスを使わない脂肪吸引をお得に受ける方法

先日、お客様から「シュガーブルースっていうのがTVでやってたよ」
と、教えて頂きました。

砂糖が切れやすい子供をつくる訳でも砂糖の怖さについてお話しましたが、

今回はシュガーブルースについて
詳しく見ていきます。

実は、この病気むくむんです。

「シュガーブルース」という著書でこのフレーズが
よく知られるようになったのですが、

ここには砂糖のとり過ぎによって引き起こされる
様々な精神的・肉体的苦痛の実体と原因が書かれています。

とくに気になるのが
「シュガーブルースは低血糖症になる」

というところ。

低血糖症になると
血管を収縮させ胸部痛や動悸を起こす事もあります。

低血糖時にコ-チゾルが分泌されるのですが
コ-チゾルは抗炎症作用を有するため、一時的に
関節炎・アレルギー性湿疹を起こす事も。

このような状況が繰り返されると
副腎が疲れて、

他のホルモン、例えばアルドステロンの分泌が異常をきたします。

アルドステロンが上昇すると
尿細管でのカリウム排池増加を起こし、
ナトリウムの再吸収を促されて、
水分を体に溜め込むことに。。。

この話も『ストレスのせいでむくみができる理由』で出てきている「アルドステロン」がポイントです。

簡単に言えば
砂糖の取り過ぎは体に負担をかけて
知らないうちにむくみも発生させる
ということえ~‥

冷え、むくみが気になる女性は
砂糖の取り過ぎを
きちんと見直してみては如何でしょうか?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

痩せる方法をもっと知りたい人へ
■mail garicia2010@gmail.com
■只今お電話が非常につながりにくいため、ご予約はメールにて受け付けております☆

《初回限定!!まるまる60分×2回キャビテーションモニターが¥19,000 大好評中!!》

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

footer