header

体にいい働きをするホルモンに
レプチンとアディポネクチンがあります。

レプチン
は満腹中枢に働きかけて食欲を抑えてくれ

アディポネクチン
にはインスリン抵抗性を改善し、
血圧や中性脂肪、血糖値などを低下させる働きがあります。
また、傷ついた血管壁を修復する働きもあるため動脈硬化の予防・改善に効果があり、心筋梗塞や脳梗塞など生活習慣病を減少させる物質として注目を集めています。

このアディポネクチンは、

【小さな脂肪細胞】から分泌されるため、肥満が進行した脂肪細胞では分泌量が減少してしまいます。

そのため、このアディポネクチンの分泌を促すためにも肥満を予防・改善する必要があります。

一方、体に悪い働きをするホルモンに

PAI-1やHB-EGF、TNF-α、アンジオテンシノーゲンなどがあります。

これらは血管を収縮して血圧を上げたり、血栓をできやすくしたり、インスリン抵抗性を増したりする働きがあり、動脈硬化や糖尿病を進行させる原因になります。
これらは【肥満が進行して肥大した脂肪細胞から活発に分泌される】ほか、【内臓脂肪が多い人ほど】分泌量が増える事が確認されています。

とにかく、脂肪細胞の溜め過ぎは、
健康に良くないんですねあせる

無痛で、気になる所の脂肪細胞
取り除きます→五反田痩身エステサロン garicia

⇒コース詳細・お問い合わせは
0364318921またはgaricia2010@gmail.comまで

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

読者登録してねペタしてね

footer