( ! ) Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220576{main}( ).../index.php:0
20.0002223360require( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
31.450373682688require_once( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/template-loader.php' ).../wp-blog-header.php:19
41.454373772248include( '/home/users/2/garicia/web/wp/wp-content/themes/biz-vektor/single.php' ).../template-loader.php:77
51.710774973024the_content( ).../single.php:18
61.710974976384apply_filters( ).../post-template.php:247
71.710974976776WP_Hook->apply_filters( ).../plugin.php:208
81.713974982776call_user_func_array:{/home/users/2/garicia/web/wp/wp-includes/class-wp-hook.php:286} ( ).../class-wp-hook.php:286
91.713974983112bottom_of_every_post( ).../class-wp-hook.php:286
101.714074984096fread ( ).../bottom_of_every_post.php:32
header

前にも書きましたが、内臓脂肪は主に『腸間膜』

に溜まります

この腸間膜 

腸の裏側に位置しますが、ここに脂肪が溜まりすぎると今度は

『横隔膜』が押し上げられ、結果、が小さくなります(肺が縮むという訳ではありません)

横隔膜が何となくみぞおち辺りにあるのは

知っていますよね

ちなみに横隔膜は筋肉の一種です。

呼吸をする時に欠かせない筋肉で、

運動など空気を多く必要とする場合大きく動き、その働きで肺は膨らみます。

内臓に脂肪が溜まると復腔のスペースがなくなります。

つまり

過度に内臓脂肪が溜まった時、腸などが圧迫を受けるといけないので

筋肉の中でも比較的柔らかい横隔膜が押し上げられるのですやじるし

しかしその影響で肺が小さくなってしまいます

肺が小さくなると体内に取り込む酸素量も減少し

脂肪を効率良く燃やせなくなり

痩せにくく、太りやすい体質になります。


当サロンで皮下脂肪をなくすのもおススメですが、

健康のため、より早くダイエットに成功するため、

内臓脂肪も減らしていきましょうニコニコ

⇒コース詳細・お問い合わせは 0364318921またはgaricia2010@gmail.comまで

にほんブログ村 美容ブログへ にほんブログ村 読者登録してね ペタしてね

footer