header

五反田駅から徒歩2分『メスを使わない脂肪吸引』モニター募集中
☆予約はgaricia2010@gmail.comにて☆

■強迫観念型
このタイプの人は食べ物のことが頭から離れなくなることがあります。脳スキャンによると、強迫観念型の人は脳のACGと呼ばれる部分が活動的すぎるそうです。これはセロトニンの低下が原因だと考えられています。

強迫観念型の人に効果的なのは、たんぱく質が多い食事は控えた方が良いらしいです。また、変化が苦手なため、好きなエクササイズが見つかったらそれを続けましょう。5分くらいの運動で十分だそうです。

■衝動型
食べ物のことについてずっと考えるわけではないにしても、食べ物を見ると食べずにはいられなくなってしまうそう。

脳スキャンでは、PFCの活動が少なくなかったそうです。衝動型におすすめなのは、タンパク質が豊富な食生活です。
また、PFCは脳のブレーキです。
原因の一つにドーパミンの低下がPFCの活動を弱めると考えられています。ドーパミンは好きな運動をすると出やすいです。また、ヨガや瞑想で集中力が高まりPFCを強化させます。

■感情型
女性の中では一番多いタイプ。ストレスを発散するために、食べてしまいます。このタイプはエネルギーがなく、罪悪感、無力感、無価値観に襲われ、ネガティブで自信がない人が多いです。PFCの活動が衝動型のように弱いので、食事に関して誤った決断をしてしまいがちです。

感情型の人は魚や新鮮な野菜とフルーツを摂りましょう。なかなか運動をしたいと思えないかもしれませんが、運動は抗うつ剤よりも脳の活動を改善するのに効果的です。ひとりでする運動よりは、人とのかかわりがある運動がオススメ。

睡眠はたくさんとり、家族や友達とのコミュニケーションをとりましょう。人とのつながりがこのタイプの人にはとても重要です。

■不安型
不安や恐怖を食べ物で発散してしまうタイプ。最悪の状態をいつも予想してしまう傾向があります。

脳スキャンによると、脳幹神経節の活動が活発になっていたそうです。そのため不安な考えが、行動や気分にも影響してしまいます。大きな不安があると、気持ちを落ち着ける効果がある糖分、高炭水化物の食べすぎにつながります。

このタイプの人にはマクロビオティックのような玄米や野菜を多く含む食事がオススメ。適しているのはヨガや太極拳などで、横隔膜で腹式呼吸をするのが効果的です。

以上ですニコニコ

如何でしたか??

参考程度ですが、今のダイエットで効果がない方は
見直してみるといいかもしれません魔法のステッキ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

■お電話は03-6431-8921

■予約はgaricia2010@gmail.comにて受付ております。

空き状況はこちらから☆

■mail(予約以外のお問い合わせ) garicia2010@gmail.com

池袋店拡大につき只今五反田店スタッフ募集中!!(☆経験問いません☆)

《初回限定!!まるまる60分×2回キャビテーションモニターが12月28日まで¥18000 大好評中!!》

■空き状況はこちらの左上カレンダーから

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

にほんブログ村 美容ブログへ 読者登録してね

footer【2017年*最新空き状況*】 ▶ご予約・空き状況はこちらをクリック

TEL:0359279200

【当店に来て頂いている読モさん】
三戸なつめさま・わたなべ麻衣さま・高山直子さま・田中里奈さま・武智志穂さま・前林由佳子さま・猪鼻ちひろさま・荒井愛花さま・中田絵里奈さま・るうこさま・ゆらさま・辻千枝さま・磯部奈央さま・藤井明子さま・玉村麻衣子さま・高木沙織さま・金子由布子さま・夏目志乃さま