header

「肝臓が壊れる原因はアルコールよりストレスだ!!!」

と聞くのですが、一体ストレスに含まれる肝臓を壊す成分って何!?
と、思ったことありませんか?

ストレスって目に見えないし、食事みたいに適量は決まってないし・・・

でも、ストレスを感じると必ず有害物質がでてくるらしいのです。
それが、アンモニア

体がストレスに適応しようとすると、タンパク質の分解が進み、有害なアンモニアとなるのです。アンモニアが増えると体内のエネルギー生産が妨げられるので、肝臓内の「オルニチン」がアンモニアの解毒を促し始めます。こうした働きで肝臓がフル回転して疲労するとのことです。

と、いうことは・・・

タンパク質の摂り過ぎもよくないようですねスカル

なので、以前にも書きましたがストレスをよく感じる人は
オルニチンをまめに摂りましょう。
$ガリシアのブログ

ストレスをよく感じなくても、目が充血しやすかったり、ものもらいになりやすい人も同様ですので、良かったら参考にしてみて下さいニコニコ

footer