Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/sites/heteml/users/g/a/r/garicia/web/wp/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32
header

▶LINEアプリ「garicia」はお得情報満載☆
友だち追加

卵子は、年齢を重ねるとともに減り続けますよね。

【細く綺麗になりたいけど、妊娠だっていつかしたい】という方に、最近発表された研究をご紹介します。

順天堂大学研究グループによると、
体脂肪率が低かったりビタミンDが不足したりしている女性は、若いうちに卵子の数が減少する傾向があり、将来、不妊につながる可能性がある】という発表がありました!

調査ターゲットは20代と30代の100人の女性

①卵子の残数を推定できるホルモンの量と
生活習慣や食生活などおよそ600項目との関連を調べました。

その結果
$だまされない消費者になる!身体のしくみの[裏]事情

卵子の残数が40代と同等に少なくなっていると推定された女性は、
20代の場合・・・体脂肪率の平均が22.6%(平均より4%低い。でも、私は20代で体脂肪率18%でしたが妊娠しました~)
30代の場合・・・血中ビタミンDが不足状態だった

(同じような研究結果が、去年アメリカでも報告されているそう)

不妊にならないためには、
20代で適度な脂肪を保つこと、
30代でビタミンDを体内で作るため毎日少しずつ日光を浴びることも大切

とのこと。美白もしたい女性心には複雑な結果でした。

ちなみに、ビタミンDが多く含まれる食品の代表は”しらす”
まずはしらすを食べる事から始めてみるといいかもしれませんね。

【当店に来て頂いている読モさんのブログ】
ヒマワリ武智志穂様
花三戸なつめ様
あじさい前林由佳子様
ブーケ2猪鼻ちひろ様
花高山直子様

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

■空き状況はこちらの左上カレンダーから
■ご予約はこちらから▶▶▶予約フォーム
▼フォローでお得な情報も♪
ガリシアTwitter♥
お客様の感想

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

footer