header

image

ここ最近関東は10月中旬並みの気温ですね。先日もお伝えした通り、早めに冬への準備をすすめて、健やかなカラダをキープして頂きたいです^^

さて、実は最近生理が遅れ気味だったお客様(私も含め)数人より、

「ガリシアのキャビテーション受けていたら生理周期が整ってきた!」

というお声を頂戴しました。食の欧米化やストレス過多な現代は子宮トラブルが増えつつ有り、とても問題だと思います。そこで、まずは【卵巣が腫れる】人のタイプについてみていきたいと思います。

生理痛は卵巣腫れのサイン?チェックして確かめてみよう!

《体のサイン》

□隔月ごとに生理痛の強さが違う(もしくは隔月で痛い月と痛くない月がある)

□頭痛持ちである

□眼精疲労気味だ

□喉に痰がからみやすい

□お腹にガスがよく溜まる

□足の付け根に違和感がある(痛み・しびれ・重い・冷え)

□足がつりやすい

《心のサイン》

□ストレスが多いと感じている

□責任感が強いほうだと思う

□自分より人の意見を優先してしまうことが多い

女性器にトラブルが出る元の原因とは?

東洋医学では“卵巣の腫れ”のもともとの原因は…

なので、上記のチェックに当てはまった《心のサイン》を減らす工夫をしたり、水分代謝を良くする事が予防や症状軽減にもつながります。

水分代謝を具体的に良くするには?

◇適正水分を”マメに”摂る工夫をする(計算法は>コチラ

◇(第2の心臓と言われるポンプ役)ふくらはぎに適度の張りと柔軟性がある状態にする

・足首を柔らかく保つ・足指を鍛える・アゴを引いて猫背など姿勢の悪さを直すなど

◇腎臓に優しい食生活を心がける

《参考》

・腎臓刺激のねじりストレッチ

・日本人女性に身近なお●をよく食べる!

・腎臓にオススメのお茶☆

・腎臓に一番負担をかける行為は●●不足!

 

子宮や卵巣は女性のみが持つ、特別な臓器です。ぜひ、労ってあげましょう。

 

 

footer【2017年*最新空き状況*】 ▶ご予約・空き状況はこちらをクリック

TEL:0359279200

【当店に来て頂いている読モさん】
三戸なつめさま・わたなべ麻衣さま・高山直子さま・田中里奈さま・武智志穂さま・前林由佳子さま・猪鼻ちひろさま・荒井愛花さま・中田絵里奈さま・るうこさま・ゆらさま・辻千枝さま・磯部奈央さま・藤井明子さま・玉村麻衣子さま・高木沙織さま・金子由布子さま・夏目志乃さま